顔のシミを消す方法とは?セルフケアから始められる効果的な治療方法も紹介

7 min

顔のシミを消したいけど、そう簡単にはいかないから難しい…

と考えてしまう方が多いとは思いますが、少しでもお肌の知識やケアの仕方を理解出来ればシミを消す近道になる事は間違いありません。

一昔前まではごく一部の女性だけが悩んでいたものなのですが、最近では紫外線も強く、若い世代からシニア世代まで男女問わずお肌のお悩みが多い時代です。

今回はお肌の知識がない方でも簡単に理解が出来て、男女問わず実践出来るシミの消し方をご紹介します。

明日にはシミが消えるという訳では無いのですが、日々の手入れや毎日の積み重ねによって少しずつシミが消えていく事が期待出来るので、是非気軽に読んで頂けるとうれしいです。

それでは早速みていきましょう。

顔のシミは自分で消せる?

シミ自分で消せる?

皆さんは顔のシミを自分で消せると思いますか?

セルフケアの段階では、「消せる」ではなく「薄くする」と表現する方が適切だと思います。

そして更に大切な事は自身が悩んでいるシミの種類を把握する事が重要になっていきます。

それではここから自分自身で対処できるシミをご紹介します。

自分で消す事が出来るシミ

自分で消せるシミには3種類あります。

老人性色素斑、炎症性色素斑、肝斑、これらはセルフケアで改善が見込めるシミになります。

老人性色素斑

まずもっとも一般的に見られる代表的なシミ老人性色素斑です。

長年日光を浴び続けてきた事によって紫外線による皮膚のダメージが主な原因になります。

老人性とはいえ高齢のみならず20代から症状が現れるケースもあります。

炎症性色素斑

炎症性色素斑は、ニキビ、虫刺され、かぶれや火傷などの炎症が起き、肌が再生する際に細胞内にメラニンが過剰に増加し、排出されないまま残ってしまったものになります。

肝斑

肝斑は、女性ホルモンのバランスの乱れが原因となって出てくる薄茶色のシミになります。

編集部

編集部

この3種類のシミをセルフケアで消す方法は、お肌のターンオーバーを整える正しい生活習慣を行う事とスキンケアが大切になっていきます。

自分で消すのが難しいシミ

自分で消すのが難しいシミも3種類あります。

そばかす、脂漏性角化症、花弁状色素斑であり、セルフケアでは改善が難しく美容医療によるアプローチが必要になります。

そばかす

そばかすは遺伝的なものが多く、思春期とともに増加し、徐々に少なくなる傾向にあります。

脂漏性角化症

脂漏性角化症は老人性イボとも言われ30代頃から発症し、加齢と共に増える良性の腫瘍になります。

花弁性色素斑

花弁性色素斑は夏場に強い日焼けをして背部から肩甲部に発症するものになり、花びらのような形のシミが特徴的です。

編集部

編集部

この3種類のシミを消す方法は美容医療(レーザー等)や医薬品などを取り入れる事が効果的です。正しい方法で消す事が重要になりますので専門的な医療機関にご相談する事をオススメします。

顔のシミを消す方法〜セルフケア編〜

顔のシミを消す方法〜セルフケア編〜

主にセルフケアの場合は、スキンケア、ピーリング、メイクの3種類の方法があります。

こちらをご自宅のセルフケアで取り入れる事によって改善する事が出来るので是非実践していきましょう。

早速ですがひとつずつご紹介します。

正しいスキンケア

正しいスキンケアをする事でお肌のターンオーバーを促し、メラニンを排出していきます。

スキンケアの方法としては、化粧水や乳液などにシミやそばかすなどを防ぐ美白有効成分が入ったスキンケア商品を取り入れる事をオススメします。

また日々の対策で日焼け止めを塗り、紫外線対策をする事も重要になっていきます。

洗顔でピーリング

ピーリングは不要な皮脂や角質などを落とす効果があるのでお肌のターンオーバーを促すもう一つの方法になります。

肌質に合わせてAHAの濃度がタイプ別であり、

  • 乾燥肌には0.6〜1%程度の低配合
  • 普通肌には4〜5%程度
  • 脂性肌には10%以上

の高配合のものがオススメになります。

高配合だからといって効果が良いなどの誤解をしない為にも、肌質によって正しく選定する事が大切になっていきます。

おすすめ商品は、医療機関でも販売されている「スキンピールバー」という商品です。

肌悩みによって選べる4種類のラインナップがあり、それぞれにAHAの濃度や複合成分が異なります。

最もAHA濃度が高い「黒」は、シミやくすみに働きかけるハイドロキノンが含まれるのでシミの改善に効果的です。

メイクでカバー

メイクでシミを隠す場合、コンシーラーを主に使用します。

その際シミの濃さによってコンシーラーの種類を使い分ける必要があります。

薄いシミの場合

おすすめのコンシーラー:リキッドなどの柔らかいコンシーラー

  1. 手の甲やパレットでコンシーラーをのばす
  2. 少量ずつカバーしたい箇所にのせてシミの中心から外側にぼかす
  3. パウダーファンデーションで仕上げる

濃いシミの場合

おすすめのコンシーラー:スティックタイプやペンシルタイプの硬いテクスチャーのコンシーラー

  1. シミが気になる箇所にのせて外側から中心にぼかす
  2. リキッドのファンデーションを上から重ねる 

顔のシミを消す方法〜美容医療編〜

顔のシミを消す方法〜美容医療編〜

美容医療と聞くと少し手を出しにくいイメージがある方は多いのではないでしょうか。

ですがそれは少し前の時代であり、現在は比較的リーズナブルな価格で受けることができます。

また、美容医療の進化と発達によってセルフケアよりも圧倒的に最短で効果を出す事が可能です。

そんな魅力的な美容医療でシミを消す方法を3種類をご紹介します。

レーザー

レーザーで効果のあるシミは主に、そばかす、ニキビ跡、肝斑等、他にも細かくあります。

レーザーの費用はお顔の部位や全顔などによっても料金はさまざまなのですが、安い場合だと3,000円代〜、高い場合だと20,000〜30,000円程度になります。

事前のカウンセリングやアフターケアを細かくして頂けるところによって料金などの変動がかなりあるので、事前のカウンセリングやお電話などでご相談する事をオススメします。

効果の出る期間は小さく薄いシミと大きく濃いシミによって変動があるのですが、大体で約1〜3ヶ月置きに数回通う形が一般的ではあります。

自身のシミがどのくらいの費用、期間で消す事が出来るのか専門的な医療機関にご相談してみてはいかがでしょうか?

フォトフェイシャル

フォトフェイシャルの場合はピンポイントで手軽に治療できる事で最近人気になってきています。

効果のある肌悩みはシミ以外にも、赤み、ニキビ、毛穴、小じわ等、かなり幅広く効果があります。

フォトフェイシャルの費用は20,000〜30,000円程度が平均的だと考えて良いでしょう。

照射機器や回数、コースによって大きく変動はしますが、レーザーより少し長い期間でゆっくりと消していく形になるでしょう。

大体で2〜3ヶ月もしくは半年以上、多くて1年かかるケースもあります。

最短で消すレーザーとは違い、ゆっくりと消していくフォトフェイシャルはお肌にも大きな負担がなく、レーザーが少し不安という方にはかなりオススメです。

イオン導入

「イオン導入と聞いてどういったものなの?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか?

凄く簡単に説明すると、電気の力を利用して化粧水や美容液に含まれた美容成分をお肌に浸透させていくものになります。

ここ最近、美容好きの方には大人気のメニューとなっているようですね。

単にお肌に化粧水を塗るだけでは、肌の奥まで浸透はしません。

イオンの力を利用することで、お肌の深部まで浸透することが可能となるので、目尻や口元の小じわ、頬のたるみ、ニキビなどにも効果が期待出来ます。

シミの原因でもある色素沈着も改善でき、肌老化の原因にもなる活性酸素も除去も出来ます。

費用はおおよそ5,000〜20,000円程度で1回でも効果は感じられますが、継続する事で効果をより実感できます。

費用は回数により大きく変動するため、回数によって効果に開きがあるといった点がイオン導入の特徴です。

顔のシミを消す方法〜医薬品編〜

顔のシミを消す方法〜医薬品編〜

医薬品となるとかなり専門的な成分や効果を理解した上での使用をオススメします。

誤った使用方法はかえって悪化の原因やお肌のトラブルに繋がるのでここからは少し掘り下げて成分や効果を説明していきます。

塗り薬

塗り薬は市販にも多くの商品が販売されており、自分で対処できるシミ(老人性色素斑、炎症性色素斑、肝斑)に効果を発揮してくれます。

選ぶポイントとしては、

ハイドロキノンメラニンを作るために
出る酵素を抑制する働き
トレチノイン表皮角化細胞の増殖促進

この2つの成分を含んだものを選ぶと良いでしょう。

ただし、ドラッグストアなどで売られている塗り薬は、効果を得るための成分を配合してもよい量が定められています。

医療機関で使われるものと全く同量の成分が含まれていない為、シミを全てホームケア商品で消すというのは難しく、薄くする所までしか出来ないということになります。

飲み薬

飲み薬の場合、塗り薬でお肌の外側からアプローチしきれない部分をカバーすることが出来ます。

また、飲み薬ならお肌の弱い方でも気にせずに飲むことができ安心です。

ここ数年で市販薬の種類も増え、様々な商品が販売されています。

その中で買う際、必要な配合成分がビタミンC、L−システイン、ビタミンB2、ビタミンEになります。

ビタミンC

まずビタミンCはアスコルビン酸・シナールともいい、シミの原因となる過剰なメラニンの発生を抑制します。

メラニンの無色化やメラニンの排出も促す事が出来ます。

L−システイン

L−システインはお肌のターンオーバーを正常化し、角質に沈着してしまったメラニンの排出をサポートします。

ビタミンCとご一緒に摂取すると、メラニンを無色化する力がさらに倍増します。

ビタミンB2

ビタミンB2はお肌のターンオーバーを正常化し、皮膚の炎症によって出来たダメージをすばやく回復してくれるので、くり返すニキビ・湿疹によって出来た色素沈着の解消に効果があります。

ビタミンE

最後にビタミンEは皮膚の酸化を防ぎ血行を良くすることで、肌荒れを防止し、美肌効果が期待出来る成分になります。

この成分が入っていることでシミだけでなく美肌も叶えられるので、配合されていると望ましい成分になります。

メラニン生成を抑えて、シミ・そばかすを防ぐトラネキサム酸の他、ビタミンC、L-システインが配合されています。
すでに出来てしまった肝斑のケアだけでなく、シミの予防をしたい方にもオススメです。

顔のシミを消すには日頃の対策も重要

顔のシミを消すには日頃の対策も重要

お肌の問題は日々のケアが重要視されます。

単に予防といっても、細かな知識や方法を知るだけで外側だけでなく内側からケアをする事が可能になります。

次は、日頃から心がけておきたいシミ対策についてご紹介します。

すでにシミ対策を行っている人も、一緒におさらいしていきましょう!

徹底した紫外線対策

シミの原因は主に「紫外線ダメージの蓄積による光老化」と言われています。

光老化は真皮にまで到達するUVAが強いダメージを与え、お肌のハリだけでなく、メラニン色素を増やしシミの原因になります。

そのため日頃から日焼け止め、帽子、サングラスなどで対策することがとても重要になっていきます。

また近年では目から受けた紫外線がもっともシミになりやすいというデータが出ています。

目から紫外線が侵入すると角膜が炎症を起こします。

この炎症がシミの元となるメラニンを増やす原因になります。

炎症が起きたことが脳に伝わるとメラノサイト刺激ホルモンが分泌され、メラニンの生成が促されてしまう為、サングラスはしっかりと着用することをオススメします。

食生活の改善

肌の表面のケアに加え、身体の中からアプローチすることでシミの予防にも繋がっていきます。

その為に重要になってくるのが日々摂取する栄養素になります。

シミに効果のある栄養素は飲み薬と同様、ビタミンなどを多く摂取する事が効果的です

例えばビタミンCが豊富なのはレモン、イチゴ、アセロラ、キウイなど。

間食や朝食に積極的に摂取する事をオススメします。

しかし、ビタミンCは水溶性ビタミンなので水と一緒に流れていってしまいます。果物を洗う際は軽く洗い流しましょう。

次に大豆や小麦はL-システインがとても豊富でメラニンを体外に排出するためのターンオーバーをサポートする働きが期待出来ます。

飲み薬と並行して食生活を改善することで、よりシミの改善に効果がありますので日常的に摂取していきましょう。

生活習慣の改善

シミは外的要因が主な原因かと思う方も多いのではないでしょうか?

しかし生活習慣が乱れているとターンオーバーも乱れ、メラニン色素の排出が遅れてしまいまう為、シミが発生するリスクが上がります。

  • 睡眠不足
  • 栄養不足
  • 運動不足
  • 飲酒や喫煙など

規則正しい食生活と日々良質な睡眠を心掛けましょう。

特に寝る直前の食事やスマホの閲覧などは避けることも大切です。

また仕事や家事、育児、環境の変化、人間関係の問題などのストレスがホルモンバランスを崩します。

自分なりのリフレッシュ方法を見つけて、ストレスを溜めないよう心掛けてみてもいいですね。

毎日の積み重ねがシミ予防に大きく繋がりますよ。

まとめ

顔のシミを消す方法まとめ

いかがだったでしょうか?

自身で出来るシミのケアは限られてはいますが、正しいスキンケアと日々の生活習慣によって効果は期待出来るでしょう。

シミを完全に消したい場合は、美容医療や医薬品を使用する事が重要になっていきます。

個人の判断で難しい場合は、専門的な医師に相談することも大切です。

自分で出来る事

  • 正しいスキンケア
  • 紫外線対策
  • 良い生活習慣

その他の出来る事

  • 美容医療(レーザー、フェイシャル等)
  • 医薬品(塗り、飲み薬等)
  • 専門医に相談

今回ご紹介させて頂いた他にも沢山と対策方法があります。

シミを消す方法なども含めお肌の問題は、時間やコストのかかるものが多く、すぐに効果が出ないと諦めてしまいがちです。

ですがセルフケアから治療も含めて、日々継続して取り組んでいく事が一番のシミを消す最短ルートではないかと思います。

今からでも遅くはないと思いますので、今回の方法も踏まえた上で毎日のケアを心掛けていきましょう

関連記事